FC2ブログ

全日本ダットサン会のブログです

糸魚川市の大火に際し、お見舞い申し上げます。

12月22日に新潟県糸魚川市の中心部で起こった大規模火災につきまして、被害に遭われた方に、心からお見舞い申し上げます。人的被害が比較的軽微だったのは不幸中の幸いでしたが、年末のこの時期に家を失われた心中は察するに余りあるものです。

糸魚川といえば、9月初旬に行われる、旧車ファンに広く知られているイベント、「日本海クラシックカーレビュー」の舞台でもあります。全日本ダットサン会として、会長の佐々木、副会長の岡をはじめとして、会員がエントリーさせていただき、長きにわたりお世話になっております。
この度の火災で、日本海クラシックカーレビューの大久保事務局長もご自宅が全焼の被害に遭われています。

私ごとで申し訳ございませんが、担当Hiroも10回あまり「日本海クラシックカーレビュー」に参加させていただいており、その折に市内パレードで地元の皆様から熱烈な歓迎をいただき、毎回感動させていただいています。パレードの沿道にあるお蕎麦屋さん「泉家」さんにも何回か足を運ばせていただきました。「泉家」さんも今回被災されて、再建をご検討されているようです。

全日本ダットサン会としても、なんとか復興に向けてお力になれるようにと、支援を検討しております。
また、旧車の祭典に参加させていただいて、皆さんと笑顔を分かち合いたいと思っております。

<糸魚川に向けての復興支援>
いろいろ方法はあるかと思います。
ご無理のない範囲でお気持ちをいただければ幸いです。

義援金 http://www.city.itoigawa.lg.jp/item/19827.htm#ContentPane
ふるさと納税 http://www.city.itoigawa.lg.jp/3870.htm


Web担当 Hiro

「自動車文化を考える議員連盟」が設立されました。

昨日の5月25日、東京・自由民主党本部にて、自由民主党内にヒストリックカーの価値向上を考える議員連盟「自動車文化を考える議員連盟」が設立されました。

これは、歴史的・文化的に価値のあるノスタルジックカーの保存や地方誘客への活用の促進、自動車文化の振興に寄与するための方策を幅広く考えるために設立されたものです。会長は呼びかけ人の一人であり、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟にも名を連ねる古屋圭司議員が務め、これに賛同する自由民主党所属の国会議員で構成されました。

この設立総会においては、特に経年車に課せられる重課措置に焦点が当てられ、多くの提案や意見が交わされました。
当会会長の佐々木徳治郎もオーナーを代表して出席し、熱く意見を語らせていただきました。


s20160525.jpg

ご存知の通り、現在は登録後13年を経過した登録車は自動車税として15%の重課税が課せられており、今年になって軽自動車にも重課税が広げられています。環境に負荷がかかっているというのが役所の言い分ですが、実際のところ残存数や走行距離などを考えるとどこまで負荷がかかっているのかというのに疑問が残ります。
また、環境に優しい「エコカー」が低減税率になっており、その影響で大切な旧い車が買い換えられ、潰されているのも現状です。これが環境に良いかどうかは一律には断言できないと思います。多くの低減税率の車の尻拭いをしているのは、ほかならぬ重課税を課されているオーナーなのです。

例外的に、東京都では「ヴィンテージカーへの課税減免」を行っておりますが、対象車種が1945年(昭和20年)以前に製造されたもので、ほとんど残っておらず、実際に申請した車は5台ほどだということで、そのうちの2台が当会会長の佐々木所有のダットサンらしいです(!)

この現状を再考するにあたり、議員連盟が発足したのは大変喜ばしいことだと思います。
自由民主党にとどまらず、さらに超党派、全国へと輪が広がり、日本の自動車文化を見直すきっかけになればと願いたいものです。

欧米では旧車を大切な産業遺産として認識し、税制面でも逆に優遇されている国が多いです。
日本では産業遺産はすぐ博物館に静態保存するなどしたりして「剥製」状態にしてしまう傾向がありますが、やはり機械は「動いてナンボ」と思います。
税制の冷遇に負けず乗り続けておられる旧車オーナーの皆さん、頑張りましょう。

<参考ニュースソース>
https://www.webcartop.jp/2016/05/42667
http://jafmate.jp/blog/news/post-13.html


Web担当 Hiro

創立30周年

こんにちは、全日本ダットサン会 本部事務局です。

こちらもご報告が遅くなりましたが、先日の2015年9月5日
で、全日本ダットサン会は『創立30周年』を迎える
事が出来ました。これも今まで支持頂きました会員様、
ダットサン、日産、そしてクラシックカーファンの皆様の
お力添えと、感謝の気持ちでいっぱいです。

代表の佐々木が母校の自動車部のOB達と立ち上げて、
その有志の輪がいつの間にか大きく広がり、会員様は
現在約180名程になりました。
また、「品川クラシックカーレビューイン港南」等のご参加、
ご支援下さいます多数の方々にも恵まれての30年間
でした。

趣味のグループとは言え、長い月日には決して良い事
ばかりでは有りませんでしたが、ダットサン、日産、
クラッシックカーを愛し、そして多数の志を同じにする
仲間に出会えて幸せな時間だった思います。

そして9月6日より、次の30年に向かって歩みだしました。
これからの「全日本ダットサン会」
もご支援の程を宜しくお願いいたします。


本部事務局S-Boo
修正1 ダットサン会1号車マーク

2014年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
本年も全日本ダットサン会をよろしくお願いいたします。

さて、年初めのイベントといえば、JCCAさん主催のニューイヤーミーティングですが、今年は2月2日に、昨年までのお台場から場所を移して、富士スピードウェイで行われるとのことです。
当会としていろいろ検討いたしましたが、前日からの事前準備にからむ首都圏からのアクセス、現地までの気象状況および交通事情などを勘案いたしまして、クラブスタンドの参加を見送る事にいたしました。
毎年楽しみにしていただいている皆様には大変申し訳ございませんが、事情をお察しいただき、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
加えてイベントの盛会をお祈りしております。


Web担当 Hiro

新規傘下クラブのお知らせ

メインサイト一部更新です。

このたび、新しい傘下クラブが仲間入りしました。

「日産商用車CLUB」

対象車種は1985年以前に生産された、
日産・ダットサン及びプリンス・UDの2トンクラスまでの商用車です。
音頭取りは日産、プリンス、その他メーカーのワンボックス車・商用車のショップとしてご活躍中のバラクーダさんです。

去る10月23日にクラブ立ち上げを記念して、座間記念庫でイベントを行いました。
(クラブ内クローズドイベントでしたので、事後報告で失礼します)

これからもよろしくお願いいたします。

Web担当 Hiro

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

カテゴリ

イベント報告 (11)
会からのお知らせ (12)
HPのお知らせ (5)
イベントのお知らせ (17)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

全日本ダットサン会 事務局

Author:全日本ダットサン会 事務局

検索フォーム

RSSリンクの表示

Template by たけやん