全日本ダットサン会のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自動車文化を考える議員連盟」が設立されました。

昨日の5月25日、東京・自由民主党本部にて、自由民主党内にヒストリックカーの価値向上を考える議員連盟「自動車文化を考える議員連盟」が設立されました。

これは、歴史的・文化的に価値のあるノスタルジックカーの保存や地方誘客への活用の促進、自動車文化の振興に寄与するための方策を幅広く考えるために設立されたものです。会長は呼びかけ人の一人であり、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟にも名を連ねる古屋圭司議員が務め、これに賛同する自由民主党所属の国会議員で構成されました。

この設立総会においては、特に経年車に課せられる重課措置に焦点が当てられ、多くの提案や意見が交わされました。
当会会長の佐々木徳治郎もオーナーを代表して出席し、熱く意見を語らせていただきました。


s20160525.jpg

ご存知の通り、現在は登録後13年を経過した登録車は自動車税として15%の重課税が課せられており、今年になって軽自動車にも重課税が広げられています。環境に負荷がかかっているというのが役所の言い分ですが、実際のところ残存数や走行距離などを考えるとどこまで負荷がかかっているのかというのに疑問が残ります。
また、環境に優しい「エコカー」が低減税率になっており、その影響で大切な旧い車が買い換えられ、潰されているのも現状です。これが環境に良いかどうかは一律には断言できないと思います。多くの低減税率の車の尻拭いをしているのは、ほかならぬ重課税を課されているオーナーなのです。

例外的に、東京都では「ヴィンテージカーへの課税減免」を行っておりますが、対象車種が1945年(昭和20年)以前に製造されたもので、ほとんど残っておらず、実際に申請した車は5台ほどだということで、そのうちの2台が当会会長の佐々木所有のダットサンらしいです(!)

この現状を再考するにあたり、議員連盟が発足したのは大変喜ばしいことだと思います。
自由民主党にとどまらず、さらに超党派、全国へと輪が広がり、日本の自動車文化を見直すきっかけになればと願いたいものです。

欧米では旧車を大切な産業遺産として認識し、税制面でも逆に優遇されている国が多いです。
日本では産業遺産はすぐ博物館に静態保存するなどしたりして「剥製」状態にしてしまう傾向がありますが、やはり機械は「動いてナンボ」と思います。
税制の冷遇に負けず乗り続けておられる旧車オーナーの皆さん、頑張りましょう。

<参考ニュースソース>
https://www.webcartop.jp/2016/05/42667
http://jafmate.jp/blog/news/post-13.html


Web担当 Hiro
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

カテゴリ

イベント報告 (11)
会からのお知らせ (11)
HPのお知らせ (3)
イベントのお知らせ (16)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

全日本ダットサン会 事務局

Author:全日本ダットサン会 事務局

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。